女性らしさの為には女性ホルモンを知る事から始めよう

  • LINEで送る

女性らしさの為には、女性ホルモンが非常に重要になってきます

ここでは女性ホルモンが体の中で

期間限定で31日間無料で試せます!!!U-NEXT
どのように分泌されているか詳しく解説していきたいと思います

女性ホルモンの分泌の仕方を正しく理解しているのは

女性らしさを保つ為には重要と考えています。

 

 

女性ホルモンは2つある

女性ホルモンは『エストロゲン』『プロゲステロン』の2種類があります。

両方とも卵巣から分泌されているのですが、卵巣が勝手に女性ホルモンを分泌している訳ではなく

脳からの様々な指令によって分泌されています

 

 

女性ホルモン分泌のメカニズム

では女性ホルモン分泌のメカニズムはどのようになっているのか、、、

初めに下の表をご覧ください

これは女性ホルモンの流れを図にした物ですが、これを使って説明していくと

 

まず脳の視床下部という所から『女性ホルモンを出すように催促するホルモンを出しなさい!!』と下垂体を刺激するホルモンが出されます(性腺刺激ホルモン放出ホルモン GnRH)

 

これに下垂体が反応すると、次は下垂体から卵巣に向けて『女性ホルモンを出しなさい』と促すホルモンが分泌されます(卵胞刺激ホルモン FSH)

 

そのホルモンに卵巣が反応すると、卵巣の中で眠っている卵胞のひとつが成熟を始めます

この成熟する過程で女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されます(卵胞ホルモン エストロゲン)

 

エストロゲンが十分に分泌されたら、これが刺激となり下垂体から黄体化ホルモンが分泌されます(黄体化ホルモン LH)

 

この黄体化ホルモンに反応して成熟卵胞が破れて中から卵子が排出されます

これが『排卵』です

 

排卵後残った卵胞は黄体という組織に変わり、そこからエストロゲンとプロゲステロンが分泌されます

子宮内膜はこのエストロゲンによって厚くなり、プロゲステロンによって質的に変化して受精卵の着床に備えます

ですが、この時に妊娠が成立しないと、子宮内膜は壁からはがれ落ちて、血液と一緒に体外に排出されます

これが月経(生理)です

 

 

これが女性ホルモンの一連の流れになります

 

 

女性の体の変化

女性ホルモン分泌のメカニズムが解った所で、女性ホルモンによる体の変化を見ていきたいと思います

図から解るように、女性ホルモンは排卵をめぐるプロセスの中で分泌されていて、それにより子宮内膜や基礎体温の変化など様々なことが変わります

思春期から性成熟期までは(一般的に10代から45歳前後まで)脳の視床下部ー下垂体ー卵巣の連携が正しく行われているので、女性ホルモンの分泌は安定していますが

女性ホルモンは40代後半から急激に減少するので注意が必要です

基本のサプリ

 

まとめ

女性ホルモン分泌のメカニズムを解説していきましたが

女性ホルモンを知る事は日々の健康維持や美容に置いてとても重要だと思います

女性らしさを保つためにも、この女性ホルモンとしっかり向き合っていきたいものです

また40代後半から女性ホルモンの急激な減少により様々な変化が表れてきます(いわゆる更年期障害)

この更年期障害の症状や予防策、おすすめ改善方法なども詳しく記事にしていきますので

よければまた見に来て下されば嬉しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で男女美容研究所をフォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください